目黒区、世田谷区及び渋谷区等東急田園都市線池尻大橋駅を中心に 債務整理 司法書士 会社設立 不動産登記
東京都目黒区、世田谷区及び渋谷区 債務整理 司法書士 会社設立 不動産登記 TOP
東京都目黒区。世田谷区及び渋谷区 債務整理 司法書士 会社設立 不動産登記
ご依頼の流れ
自己破産
任意整理
特定調停
民事再生
過払い金返還訴訟
東京都目黒区、世田谷区及び渋谷区 債務整理 司法書士 会社設立 不動産登記
不動産登記
会社登記
東京都目黒区、世田谷区及び渋谷区 債務整理 司法書士 会社設立 不動産登記
訴訟
家事事件
東京都目黒区、世田谷区及び渋谷区 債務整理 司法書士 会社設立 不動産登記
事務所概要
お問い合わせ
東京都目黒区、世田谷区及び渋谷区 債務整理 司法書士 会社設立 不動産登記
破算 | 債務整理

過払い金返還請求

過払い金返還請求とは?
利息制限法による所定の利率 (例えば、元金が10万円以上100万円未満の場合 年18%)を超えて金融会社に利息を払い続けている場合、払いすぎた利息の返還を請求できる場合があります。

既に、元金を完済している方も同様です。
金融会社への支払い領収書又支払い明細等をお持ちでない方でも、金融会社に過去の取引を開示させることにより、支払い状況を把握し、過払い金の返還請求をすることができます。是非一度ご相談ください。

手続きの流れ

1. 依頼者からのご相談
費用と効果を丁寧に説明いたします。
納得いただいた上で、手続に入ります。

2. 金融会社への取引履歴の請求
これまでに依頼者が金融会社と行ってきた取引の履歴を開示してもらいます。
これにより、依頼者が本当はいくら返済しなければならなくて、現実にいくら返済してきた
のかを明確にします。

3. 正しい借金額の再計算
利息制限法所定の利率により、迅速に正しい借金の金額を計算します。
計算には利息再計算ソフトを使用します。

4. 過払い金返還請求通知書の送付
過払い金返還請求権が発生している場合、金融会社に過払い金返還請求通知書を
送ります。(過払い金がない場合でも元金は減少します。)

5. 和解交渉
当職と金融会社の担当者間で、金額面での和解交渉をします。

6. 返還期日の決定
依頼者の承認の上、和解が成立した場合、和解書を作成し返還期日を決めます。


7. 過払い金の返還 (手続き完了)
返還され次第、契約書、和解書とともに依頼者に返還金をお渡しいたします。


以上のような手続きの流れに成ります。期間的には相談を受けた後3ヶ月位かかります。

bottom
COPYRIGHT(C)2008から2009目黒区大橋 池尻大橋法務司法書士事務所 ALL RIGHTS RESERVED.